しゃーしゃんと、ママが報われた瞬間

私は、子供の時から「くまのプーさん」が好きです。
子供に買い与えまくるほどでもないんですが、プーさんのオモチャもいくつか家にあります。

中でも思い出のおもちゃが、
「ベビープーのおきあがりポロロン(ミニ)」

f:id:musukoto:20170318125831j:plain

旦那が、「そろそろ起き上がり小法師も喜ぶんじゃないかなあ?♡」って生後半年ごろに買ってくれました。

“赤ちゃんと起き上がり小法師”とか、すごい夢のような組み合わせ!かわいい!と喜んだのですが、ウキウキで渡したら結果は惨敗。

見向きもされず、部屋の隅でポロロン…と埃を積もらせる結果となりました。

 

〜それから一年四ヶ月〜

今日、私が洗濯物を干していたら、いつものように息子の独り言。

「しゃーしゃん、ねー♡ぎゅー!しゃーしゃん、カワィーねー。ちゅー。」

 

!?

急いでリビングを覗き込んだところ、まさかの、突然プーさんがものすごい愛されてました。
ごっこ遊びに興じることもなく、ぬいぐるみにも興味を持たないトミカプラレール野郎のそんな姿を初めて見て、心底驚きました。

「プーさんカワイイね〜。ポロロン♪って言ってるね〜。」とシカトされまくりながらも一人で必死に語りかけていたあの頃の自分と、何よりずっと放置されていたプーさんが、ついに報われた瞬間です。

おもちゃ箱に押し込められていて顔もギュムってなってしまったプーさんですが、心なしか、彼の表情も嬉しそうでした。

f:id:musukoto:20170318130602j:plain

ドヤァ。

 

おまけ

「ぷ」が言えるのに、なんでそうなるの?

 

しゃーしゃん!

プーさんだね。…ぷ。…ぷ。

…ぷ?…ぷ!!

プーさん。

しゃーしゃん!

そうだね^^