読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子との会話を書き留めておこうと思いました。

息子がやや風邪気味で、鼻が詰まっていたためなかなか寝付けず、22時を過ぎてやっと寝てくれました。

珍しく寝落ちしなかったのでブログを書こう!と思ったのですが、今一番書き残しておきたいのは息子の言葉かなぁ、と。

喃語と日本語のちょうど狭間にいる我が子との会話。

きっと一瞬で過ぎ去ってしまうんだろうなぁ。

ということで、今日は子どもとこんな会話をしました、の備忘録です。

 

ザァック!ざーく!

お野菜のおもちゃ切りたいのね。持ってくるね。

ママだ!ママだ!

自分でやるんじゃなくてママが切るの?いいよ〜見ててね。

オイすぃよーお??

 

しばし平和な時間

 

カッ!…ロー!かっろぉ!

ドクターイエローの本だねぇ。読むの?

あーい!

〜はい、おしまい。

※かっ!!!

※もう一回?いいよ〜

 

※4回リピート

 

かっ!!!

なんども読んだから、違う本を持ってきてくださ〜い!!

あーい!

 

本棚へ消える。

 

カンセン!カッロー!

新幹線…ドクターイエローの本だね。…同じ本だね。

 

※4回リピート

 

かっ!!!

…流石に違う本にしようか。持ってきてくださいな。

あーい!

 

本棚へ消える。

 

カンセン!カッロー!

…また同じ本!お願いやめて!もう怖い!

カンセン!カッロー!

カンセン!カッロー!

 

 

そんな時間を過ごしました。

暖かい日常を書き残しておこうと思ったのに、本当にあった恐怖体験記録になってしまいました。

 

それでも幸せ。

だけど今夜はドクターイエローの夢を見そうです。

(きっと明日も明後日も。)