読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子との事

ご挨拶

はじめまして。むつみです。
一歳八ヶ月になる息子との日々を中心に色々と綴ろうと思っています。

ブログを始めようと思ってから、タイトルがつけられずに数ヶ月が過ぎていきました。
何でも良いと思うと逆に何も決められず、もうタイトルすらつけられない私なぞにブログを書く資格はないと諦めたりもしたのですが。

ようやく「biscuit snowdome(ビスケットスノードーム)」というタイトルに決定しました。

タイトルを考えていた時に、ふと目に入ったスノードーム。

ジェラートピケのノベルティを人に頂いたものだったのですが、中に自動車が入っていて息子のお気に入りです。(ほんとに可愛かった!)


スノードームはひとたび引っくり返されると、あっという間にしっちゃかめっちゃか。
でもその様はとても綺麗でキラキラしていて。
けれど見つめているとあっという間に終わってしまう。

ああ、今の私の日々がまさにこれだなあと思ったのです。

公園の砂を口いっぱいに頬張られたり、
缶入りのハンドクリームの蓋を開けて(開けられた事にもビックリ)中身を全部掴んでそこら中に塗りたくられたり、
寝かしつけようとしたら、「めーめ!!(目)」と言って突然小さな指に目つぶしされたり。

夜の晩酌と昼寝を何より愛したOL時代とうって変わって、
息つく暇なくしっちゃかめっちゃかにされた私の日常ですが、
でも毎日が楽しくてキラキラしていて、そして振り返ればきっとあっという間な一瞬。

そんな事を考えて、ブログのタイトルのヒントにしてみました。

どうしてビスケットをつけたかと言うと、
今朝、まさにそのお気に入りのスノードームを自ら落として割ったくせに
この世が終わったかのようにギャン泣きしている息子が、
やっとお豆腐ビスケットで落ち着いたから、でした。

結局最後はお菓子に頼る私の甘さへの自戒も込めて。
biscuit snowdome、よろしくお願いします。

 

いえ、

ということでブログを立ち上げた瞬間、やっぱり小っ恥ずかしくなったので

「むすことのこと。」 にしました。

それでもまだ小っ恥ずかしさが消えません。「息子との事」の方が恥ずかしく無いのかな。

私の中の「小説家になりたかった幼少期の自分」のせいでちょっと捻りたくなって平仮名にしてみたんですけど。

 

でもそもそもブログ開設っていう事実がちょっと恥ずかしいですもんね。

それでもやりたいと思ったのだから、今度こそ、これで行きます。

…行き、ます!